自動車事故時に保険会社に伝えるポイント

Yahoo! JAPAN

自動車事故時に保険会社に伝えるポイント

自動車事故のときに保険会社に伝えること

万が一のことが起こることによって、金銭的な負担が大きくなることがあります。そうなると生活が破綻してしまうことがあるかもしれません。万が一とはいえ、少しでも可能性があるというのであれば、一定の予防をしておくという必要があるということです。お金に関しては、急激に増やすということは出来ません。また、必要な金額を十分に用意することができるとも限りません。そこで役立つのが保険ということになります。こちらであれば、一定の料金をあらかじめ支払っておくことで、所定のお金を支払ってくれるということです。それによって、生活をすることができるということになります。でも、何もしなくてお金がもらえるというわけではありません。

自動車において事故が発生したときには、どのようにするかです。勝手に必要なお金が決められて支払われるということではないのです。そこで、伝えることについて知っておくということです。まずは発生した日時ということになります。直後ということであればわかりやすいですが、しばらく経ってからという場合は、日にちであったり、時間などを知らせることになります。その次には、場所ということです。出来れば住所までわかるとよいということです。土地勘がないようなところであれば、目印などを確認しておくとよいです。地図などを見て、このあたりということがわかれば、それを伝えることになります。そして、車両の番号を伝えるということになります。

その次に、状況についてになります。道路の状態、信号、相手が自動車か二輪車か、自転車か、歩行者化などになります。また、そのときの速度もわかる範囲で知らせるようにします。進行方向に関する情報も必要です。警察署に届けをしている場合には、届けた警察署名、受理番号などがわかるのであればそれも伝えます。けが人がいるという場合、ケガの状態、入院をしているのであればその病院、自動車を修理したならその工場も知らせます。

比べてお得!